リスティング広告とは?

例えば、お客様がGoogleで「近くのフィットネスジム」と検索をすると、検索結果が表示されます。画像の赤でくくっているのが、いわゆる「リスティング広告」と呼ばれる広告です。

広告主(この場合はフィットネスジム)は、GoogleやYahooにお金を支払い、検索結果の上部や下部の広告枠に、広告を表示することができます。

リスティング広告のクリック率は40%~50%と、約2人に1人は広告をクリックしている計算です。検索結果に連動した広告が表示されるので、クリック率は非常に高くなっています。

通常の検索結果では上位表示させる事が困難でも、Google広告(リスティング)を利用すれば、検索結果の上部に広告を表示できるので、簡単にアクセスを集めることができるというわけです。

どれくらいお金がかかるの?

ここまでの話を聞くと、いいことばかりのインターネット広告ですが、実際のところ、費用がどれくらいかかるのかというお話をしておきます。

リスティング広告の予算は一概には言えませんが、最低でも10万円前後を予算としているお客様が多いです。

もちろん、それ以下のご予算でも広告の出稿は可能です。リスティング広告は1クリック○○円というようにクリック毎に費用がかかるクリック課金制です。1クリックの単価は、商品、サービスの内容や競合の有無、季節によっても変わってきますので、一定ではありません。

Googleが提供するGoogleキーワードプランナーというツールを利用すれば、自社の商品、サービスのクリック単価がおよそどれくらいになるかをあらかじめ調べることができます。

シュミレーション

ここでは、1クリック100円と仮定し、3つの月額予算プランでどれだけのクリック数、成果を得られるかを表にしました。

自社の商品のクリック単価を調べます。そして、推定成約数(CV率)から、月間の広告予算をある程度決めることができます。

はじめは予算を抑えておき、クリック成果が確認できてから、少しずつ予算をあげていく方法を取ることもできます。

今回は、グーグルのリスティング広告の入り口部分をご説明しました。

いきなり多くの広告費を割かなくても、成果を確認しながら段階を踏んで効率的に広告を増やしていくことができます。これが、インターネット広告の魅力の1つだと思います。

※リスティング広告という呼称は、本来Google、Yahooでは使っていません。Google広告Yahoo広告では検索広告と呼称していますが、日本ではリスティング広告という名称が定着しているので、本メルマガではリスティング広告と表記します。

レイマシ合同会社のブログ更新通知を受け取る

Google広告やFacebook広告に関する情報をブログで公開しています。下記のメールアドレスを入力すると、ブログの更新通知を受け取ることができます。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です